上司猫「辞めるといっても、これくらいまでやるのが『当たり前』じゃないですか? 当たり前のお願いをしているだけだと思いますが」
退職猫「お気持ちはわかります。私も上司猫さんのお立場だったら同じように言うと思いますニャーン」
上司猫「でしたら……」
退職猫「でも嫌です。退職日は後倒ししませんニャーン」
上司猫「ええ……」

役員猫「上司猫くんから色々話は聞いたが、何でそんなに頑ななんだ? ○日まで出勤するくらい良いだろ。最後にきちっとやろうよ」
退職猫「ぶっちゃけ×日までの出勤と○日までの出勤で引継ぎ状況に差が出ないので×日までで良いと判断してますニャーン」
役員猫「お前の判断はいいから、出て来いよ」
退職猫「( ´艸`)……(実際に差が出ないし出社したらついでにあれやれこれやれとなるのがわかりきってるから嫌ですニャーン)」

社長猫「×日までなんやって? 大丈夫なんか?」
退職猫「大丈夫です! 今までお世話になりました。ありがとうございました(大丈夫かどうかって言われたらあんま大丈夫じゃないと思いますけど、そんなこと気にし出したら辞められなくなりますニャーン」
社長猫「そか。次でも頑張ってな」
退職猫「ありがとあしたニャーン」

得意先猫「辞めるんですって? 猫さんもですか。この建物にいて僕が話せる人、みーんな辞めたいって言ってますもんね」
転職先猫「猫さんの今の会社、従業員が辞めたがってるっていうのでこの地域で採用やってる人には有名なんですよ」
同僚猫「×日で終わりなんですってね……まあ、大きな声では言えないけど正解だと思います」
秘書猫「気持ちはよくわかります。私も次探してますし」
人事猫「先に決められちゃいましたね。実は僕も△日に……」
営業猫「なんか妙なタイミングで休んでるなと思ってたら、転職活動してたんだね」

退職猫「直接的にご迷惑をおかけすることになる上司猫と役員猫と、どうせわかってない社長猫以外全員から辞めることに肯定的なコメントを貰ってしもうた。ブラック企業ではないかなーと思うけど変な会社やったなあ」

1
2週間前
会社は良い人から辞めていくにゃーん
Home 日記を書く ログイン