昔は、そもそも滅多に腹が立たなくて、怒ることがなかった。
辛い時期もあったけど、怒りっぽくはならなかった。
妹が結婚するとき、式の挨拶で「兄からは一度も怒られなかった」と言われたけど、本当は中学生の頃に一度怒ったことがある。
まあ、そのくらい怒ることは少なかった。
 
でも、ここ数年は、怒りを自覚することが増えた。
「なぜ自分はこんなに酷い目に遭っているんだ」という意識が常に根底にあって、落ち着いて考えられれば大丈夫だけど、咄嗟のときに他人の落ち度を見逃せないことがある。
たとえば、運転していて突然逆走車に出くわしたりすると舌打ちが出る。
昔の自分だったら、アクションゲームをプレイするときの心理状態で躱せたし、舌打ちする人を見たら「そんな余裕があるなら普通に躱せるでしょ」と思ったけど、
今では、自分自身が回避をする前に舌打ちするような人間になってしまった。
 
酷い目には昔から遭っていたので、「なぜ自分は」と思うようになったこと自体、何かの変化が理由にあるのだと思う。
理由がわかれば対策を取って、まっとうな人間でいられる時間を延ばせると思うのだけど。
腹が出るのも禿げるのも仕方が無いと思えるけど、精神が劣化するのは嫌だ。

2
3ヶ月前
歳を取ると人に厳しくなるのか、
気持ちが上手くコントロールできなくなるのか、
それとも本当偶然に怒りっぽくなる場面に遭遇してるだけなのか。
どれなのだろうか。

腹が出るのは自分の管理ができてないって感じがするから少し嫌だな(出てるけど)
老化を精神的にうまく処理できてないんじゃない?
老化=衰える=自分でできないことが増えるから、無意識に前の自分と比べてイラついてるのかもしれない。
今の自分はこうなんだ、とまず自分を認めてみるところから始めてはどうでしょう。
Home 日記を書く ログイン